メタボリックシンドロームとは?

 「肥満」特に「内臓脂肪型肥満」は、「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」「高尿酸血症」などの「生活習慣病」のもとです。つまり 内臓脂肪の蓄積 が生活習慣病を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの 動脈硬化性疾患 を引き起こします。その内臓脂肪の蓄積した病態を総称して「メタボリックシンドローム」(内蔵脂肪症候群)と呼ばれています。

メタボリックシンドロームの診断基準
内臓脂肪蓄積 2個以上の危険因子 メタボリックシンドローム
<内臓脂肪蓄積とは?>
日本人の場合、ウエスト周囲径が
  男性 85cm以上  女性 90cm以上
 の方を「内臓脂肪蓄積の可能性大」と考えます。
<2個以上の危険因子とは?>
   下の3項目(1〜3)のうちの2項目以上
1 中性脂肪 150mg/dl以上
かつ/または HDL(善玉)コレステロール 40mg/dl未満
2 収縮期血圧 130mmHg以上
かつ/または 拡張期血圧             85mmHg以上
3 空腹時血糖                   110mg/dl以上



 西中島クリニックでは、
MSチェック(メタボリックシンドロームチェック)を行っています。

MSチェックの主な項目
1.身体計測
 身長・体重・BMI(標準体重の算出)・VFA(CTによる内臓脂肪面積の測定)
2.血圧測定
3.採血(血液データ)
 総コレステロール、HDL・LDLコレステロール、中性脂肪、空腹時血糖、
 ヘモグロビンA1c、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、BUN、クレアチニン、尿酸
4.総合判定


医療法人 敬節会 西中島クリニック
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
info@nishinakajimaclinic.com
Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved