禁煙

「たばこは健康に良くないし、周囲の人にも迷惑をかけるので禁煙をしよう。」と思ったことがありませんか? 頭ではわかっていてもどうしてもやめられないと言う方が、喫煙者の大半であるのが現状のようです。しかし、たばこが喫煙者や非喫煙者(受動喫煙者)に与える悪影響は、みなさんの想像をはるかに超えたものです。今、ここでもう一度たばこと、たばこが人体に与える害について知り、勇気をもって禁煙を始めましょう。今からでも決して遅くはありません!


たばこはどうして健康に良くないのですか?
たばこの煙にはニコチン、種々の発がん物質・発がん促進物質、一酸化炭素、種々の線毛障害性物質、その他多種類の有害物質が含まれています。

  • ニコチン
    • たばこ煙の粒子相に含まれる精神作用物質、「毒物及び劇物取締法」の毒物。
    • 薬理作用により、中枢神経系の興奮と抑制が生じ、心臓・血管系への急性影響をもたらします。
    • 体内に吸収されたニコチンは代謝されてコチニンを生じるほか、最強の発がん物質を生成します。
    • たばこがやめられないのは、ニコチンの精神及び身体依存によるものです。
  • 一酸化炭素
    • 気相に含まれる有毒物質。赤血球のヘモグロビン(Hb)と強力に結びついて、一酸化炭素ヘモグロビン(CO-Hb)を形成し、血液の酸素運搬機能を妨げます。
  • タ−ル
    • たばこ煙の粒子相の総称。ニコチンや種々の発がん物質、発がん促進物質、その他の有害物質が含まれます。


喫煙は身体にどんな影響を与えますか?

喫煙により循環器系、呼吸器系などに対する急性影響 がみられるほか、様々な疾患のリスクが増大します。




環境中たばこ煙って何ですか?
室内において喫煙者の吐き出す呼出煙とたばこの点火部から立ち上る副流煙が混ざり合った総称で、室内空気汚染物質の主たるものです。
副流煙は、各種成分の濃度が高く、ニコチンも強く作用するため、常習喫煙者より非喫煙者の方が、粘膜への直接刺激や肺から吸収された煙による症状・反応が強いことも確かめられています。また、喫煙男性の妻の肺がん死亡率は、非喫煙者の妻より明らかに高く、夫の喫煙量とともに高くなることが知られました。副鼻腔がんについても、夫の喫煙により非喫煙配偶者の死亡率が喫煙本数により、増加することがしられています。その他、非喫煙者において、受動喫煙が虚血性心疾患や脳虚血の発作も危険性を高めることがわかってきました。これらに加え、たばこ特有のにおいも協同して、他人の煙に対する不快感、迷惑はとても大きなものです。



喫煙者の多くは禁煙を希望していますが、心理的および薬理的依存性のために、禁煙に成功していません。効果的な禁煙方法とは、禁煙の動機づけをし、その実行に踏み切らせ、禁煙を維持するものですが、単一の方法ですべて有効なものはなく、いくつかの方法と要因の組み合わせが禁煙の成功をもたらすと考えられています。


ストレスの少ない時期や何かの記念日に禁煙を開始することをおすすめします。 気持ちが整理できたら、さっそくたばこやライタ−などを片付けましょう。次に、禁煙を成功させるためには、禁煙への意欲を高めることが大切です。どうして禁煙をしたいのかという理由を常にきちんと頭においておくことが大切です。
禁煙後3日以内にニコチン禁断症状があらわれますが、たばこを吸いたいと思ったときは、深呼吸をしたり、ガムを噛んだり、軽い運動をするなどしてストレスを発散しましょう。苦あれば楽あり、きっと禁煙が成功し健康になれると良い方に考えるようにしましょう。また、たばこを吸っていたことを忘れてしまうように心がけましょう。2週間もすれば、体調もよくなり、咳、痰が少なくなり、身も心もさわやかになってきます。 頭も軽くなり、食事もおいしく感じられます。1ケ月もすれば、もう大丈夫です。自信をもちましょう。

<ニコチン代替療法>
ニコチン代替療法とは、喫煙者に現れるニコチン離脱症状(禁断症状)を緩和するために、体内のニコチンを補給しながらニコチン依存症から離脱させる方法です。最近ではニコチンガムやニコチン貼付薬、鼻腔スプレ−などがあり、日本ではニコチンガム(商品名:ニコレット)が1994年より輸入承認されています。ガムは、ニコチンを口腔粘膜から吸収させるものですが、人前でガムを噛めないという理由などから、効果はあまりありませんでした。そこで、今回1999年にニコチン貼付薬(商品名:ニコチネルTTS)が発売されました。体の一部にパッチを貼るだけという簡単な使用方法に加え、周りの人からも見えないという長所から、社会人の方にも最適です。また、その禁煙効果も高く評価されています。


「どうしても煙草がやめられない」「何回も失敗している」という方に禁煙補助剤としてニコチン貼付薬ニコチネルTTSをお勧めします。
<ニコチネルTTSとは…>

禁煙を困難にしている離脱症状(たばこが吸いたい、イライラなど)に対しニコチンを補充することにより一時的に軽減し、禁煙を容易にすることを目的とした貼り薬です。

使い方:1日1回24時間、体の一部に貼るだけです。
・禁煙の時期とニコチン依存度に応じて、使うサイズが異なります。
ニコチネルTTS30(ニコチン52.5mg)(430円)4週間
ニコチネルTTS20(ニコチン35mg)(400円)2週間
ニコチネルTTS10(ニコチン17.5mg)(380円)2週間

※8週間で終了する事を目標とし、10週間を越えて使用しないでください。
副作用については医師とご相談ください。

西中島クリニックは、あなたの禁煙を応援しています!


前へ
次へ

医療法人 敬節会 西中島クリニック
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
info@nishinakajimaclinic.com
当サイトへのリンクまたは技術的なことに関するお問い合わせはこちらまでwebmaster@nishinakajimaclinic.com
Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved