発熱は体のなかでウイルスや細菌の働きを押さえようとする正常な反応です。

・かぜでも2−3日続くこともあります。何日続いているかは記録しておきましょう。

・熱の高さと病気の重さとは必ずしも相関しません。
高熱でも機嫌が良く、食欲があり、水分がとれていればあわてることはありません。

まれですが、急激に熱が上がるとともにひきつけや、わけの分からないことを言い始めることがあります。この時は「熱性けいれん」の可能性があり、至急119番で救急車を呼んでください。

・寒けは熱の上がりはじめに起こりますので、温めてあげてください。しかし寒けがとれたら温めるのはやめましょう。



・高熱でぐったりし、水分もとれないときはからだを冷やしてあげてください。

・冷やし方は嫌がらなければ「氷まくら」や「冷却シート」(市販)などでもよいでしょう。

冷やす場所は、頭・わきの下・太もものつけ根などが効果的です

▽注意!次のような場合は、急いで医師の診察を受けましょう

★意識がはっきりとしないとき
★けいれん(ひきつけ)を起こしたとき
★顔色が悪く、ぐったりしているとき
★呼吸が苦しそうなとき
★おう吐や下痢が激しく水分がとれないとき
★生後3ヶ月未満の発熱



・熱を下げる作用はありますが、それよりも気分を良くして楽にさせるためのものと考えてください。そしていくぶん熱が下がって楽になれば、水分を与えてください。

・水分は、1種類に限らず、湯ざましやお茶、ポカリスエットなどのイオン飲料などを何度も少しずつがいいでしょう。

・熱を下げる効果は一時的ですので、多くの場合はまた熱が上がってきます。市販のものや大人用のものを使用するときは必ず医師に相談しましょう



顔色、元気、機嫌、哺乳力、食欲、せきや鼻水、吐き気、下痢、けいれん、発疹などがないかは大切ですのでみてあげてください。



前へ

医療法人 敬節会 西中島クリニック
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
info@nishinakajimaclinic.com
当サイトへのリンクまたは技術的なことに関するお問い合わせはこちらまでwebmaster@nishinakajimaclinic.com
Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved