この冬は暖かいといわれていましたが、やはり朝晩は冷え込み、年末年始には雪のちらつく日がありましたが体調はいかがでしょうか?冷え症の方には辛い時期になり、ひどい人では足が冷たくて眠れないというケースもあるようです。
冷え症は、体中に血液が行き渡らない、いわば血行障害なのですが、単に手足が冷たくなるだけでなく、ほてりも冷え症の初期症状です。冷え症は医学用語で「末梢血管(毛細血管)の血行障害」といわれ、その原因はいくつかあげられます。

  1. 自律神経によるもの
  2. ホルモンのアンバランス
  3. 低血圧
  4. 貧血
  5. ダイエットによる摂取エネルギーの不足(過度のダイエット)
  6. 骨盤のゆがみ
  7. 運動不足

等様々ですが、特に足の冷えはふくらはぎの筋肉の伸縮がない為に起こります。ふくらはぎの伸縮により、血液は重力に逆らって心臓に戻ろうとします。手も同じです。血液は筋肉の伸縮があると活発に流れます。例えば身体が寒さでガタガタ震えるのは、血液循環を良くしようとしているからです。今回は食事・運動・生活の面で予防策を取り上げましたので参考にしてみて下さい。


体を温める食材は、冬に採れる野菜(特に根菜類)、ねぎ、にら、しょうが、にんにくなどの香味野菜、唐辛子をはじめとする、コショウや山椒、からし、わさびなどが挙げられます。また、少量のアルコール(焼酎やワイン、日本酒など)もホットでいただくと体を温めてくれます。ただし、ビールは体を冷やしてしまいます。その他、控えた方が良い物として、夏に採れる野菜(きゅうり、トマト、なす、レタス)や暖かい地方で採れる果物(トロピカルフルーツ、バナナ、柿、スイカ)、海藻類、塩分の多い食事などが挙げられます。




足の冷えはふくらはぎの筋肉を動かしましょう。ふくらはぎの筋肉を動かす為には、「ウォーキング」がもっとも効果的です。但し、高いヒールや、きついストッキングなどは血液循環を悪くするので、ウォーキングをする時には歩き易く通気性のよい靴がいいでしょう。あと、ストレッチやラジオ体操、ヨガや気功など自分の体力にあった運動をして、ほどよく体を動かすことで症状が和らぎます。ここでは、寝る前やテレビを見ながらでも簡単にできる手の運動と足指運動を少しですが取り上げましたのでお試し下さい。


*ハンドストレッチ
手の指を合わせて、指を伸ばしたり、手を組んで手首を回したり、手を下に伸ばしたままグー、パーと握ったりしましょう。


*足の指でグー・チョキ・パーを繰り返し行いましょう。
*足首を大きく左右に回しましょう。
*電話帳位ある高さのところに足先をのせ、かかとを上下させましょう。
*座って足を伸ばした状態でつま先を上下させましょう。

 生活の中でできる冷え予防でとても身近なのはお風呂が効果的であるといわれています。冷え症に効果的な入浴方法として低温長時間浴が基本です。
からだが冷えていると、つい熱いお湯に入りがちですがかえって逆効果です。熱過ぎて長く浴槽つかれないので、体の表面しか温まりません。そこでお勧めなのは「半身浴」。湯船に下半身だけつかります。心臓から遠く、血行が滞りがちな下半身を集中的に温めると、溜まっていた血液が全身をめぐり温かくなります。週末など時間があるときには、一日に数回入浴を繰り返すと効果はさらにアップ。一日数回浴は、更年期障害を和らげる効果もあります。後は、ハッカ、ドクダミ、ヨモギを乾燥させて使う「薬草浴」や、最近温泉街などにもある「足湯」などがお勧めです。

そして、お風呂の後の湯冷め予防も大事でポイントとして。

  1. 熱いからといって油断して薄着をしない。
  2. 足元の体熱を逃がさないように靴下を履く
    (ゆったりで通気性の良い物がGood!)
  3. 筋肉が温まっているのでストレッチをすると効果的
  4. 髪の毛はすぐに乾かし風邪をひかないようにすることなどがあります。

冷え症の予防対策として食事・運動・生活の面で取り上げましたが、これらは長く続けることが大切で、たくさんの予防対策のうちの一部にすぎません。
ただ、冷えは足や手が冷たいというだけではなく免疫機能や内臓、生殖器系にも大きく影響を及ぼすサインの場合があるので、気になる方はお気軽に当クリニックまでご相談下さい。


ダンボ
前へ
次へ

前へ

医療法人 敬節会 西中島クリニック
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
info@nishinakajimaclinic.com
当サイトへのリンクまたは技術的なことに関するお問い合わせはこちらまでwebmaster@nishinakajimaclinic.com
Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved