だんだんと暑くなってくるこの時期くらいから、熱中症による大きな事故が報告されるようになります。暑さ寒さに対応させた、服装と休憩を行うことが重要な時期です。服の増減を行える時間と配慮が必要となってきます。

真夏の炎天下など高温多湿の中で、長時間遊んでいたり、激しいスポーツをした時に、体内の温度調節機能が働かなくなり、体温が異常に上がる症状を、熱にあたるという意味で「熱中症」といいます。
重症になると、めまい・意識障害・呼吸困難などの症状を起こします。熱中症は、こむらがえり、顔が真っ赤にほてる、発熱、ふらつく、吐き気などの初期症状のサインが出ますので、見逃さないように注意しましょう。


程度
症 状
軽症度
  • 四肢や腹筋などに痛みを伴った痙攣
    (腹痛がみられることもある)
    失神(数秒程度なもの)
  • 失神の他に、脈拍が弱く早い状態になる、呼吸回数の増加、顔色が悪くなる、唇がしびれる、めまい、などが見られることもある。
中等度
  • めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐などのいくつかの症状が重なり合って起こる。
重傷度
  • 意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状などが、中等度の症状に重なり合って起こる。


あまり感じることはないと思いますが、普通の生活を送っていても、寝ているだけでも汗はかいています。汗の元は、血液中の水分です。普段、我々はこの水分を食事や飲み物から体内に摂りいれています。

汗をかくということは、体の中から水分を外へ出してしまうということです。汗をかいてしまったら、水分を補わないと体の調子は悪くなります。悪くなった状態を脱水といいますが、この脱水した状態は体の不調を起こすだけではなく、危険な症状を起こす原因となります。この危険な症状の例に、熱中症があります。その症状を防ぐためにも水分を補給しなければなりません。
水分補給の考え方は、汗をかくことによって出してしまった水分を、食事や飲み物をとることによって補う、ということです。

ただ水分補給をしても、吸収のスピードはあまり良くないため、脱水からの回復はあまり早くありません。では、何をとればスピードが早くなり回復が早くなるのかというと、それは塩分です。また、汗をなめると少しだけしょっぱいものです。これは汗の中に塩分が含まれているからですが、水分と同様、塩分も一緒に出されてしまっている、ということを表しているので、水分を摂るときには、一緒に塩分を摂る事が大切なこととなります。

ここまでのお話では、とても薄い塩水、もしくは水と一緒に食塩を摂るようにということになります。水と一緒に食塩を摂ることは少ないかと思いますが、薄い塩水を飲むのはあまりおいしいものではありません。そのため薄い塩水に糖分を混ぜることによって、おいしく飲みやすくするということを行っています。

これがスポーツドリンクということになります。また、糖分を一緒に摂ることによって、運動時のエネルギー補給を狙うという考え方もできます。

  1. 水分を摂ることは絶対に必要
  2. その時、塩分を一緒に摂ると吸収、回復が早い
  3. さらに糖分を加えると効果的

熱中症にかかったら、速やかに適切な応急処置を行いましょう。まず、木陰など風通しのよい涼しい場所に移動します。次に、体を寝かせ、衣服をゆるめて足を高くします。
この時、熱が出ていても解熱鎮痛剤を使わないこと。水分を補給すると同時に、ビニール袋に氷と少量の水を入れ、タオルでくるんで脇の下や太もものつけ根などを冷やし、自然に熱が下がるのを待ちます。全身の痙攣を起こしている場合は救急車を呼びましょう。


ダンボ
前へ
次へ

前へ

医療法人 敬節会 西中島クリニック
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
info@nishinakajimaclinic.com
当サイトへのリンクまたは技術的なことに関するお問い合わせはこちらまでwebmaster@nishinakajimaclinic.com
Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved