ぽかぽかと暖かくなって参りました。過ごし易い季節ですね。
今回はこの時期に陥り易い五月病についてです。


一般的に、四月に希望に満ちあふれて入学、入社してきた新入生や新社会人が、五月のゴールデンウィーク明けぐらいから急に元気がなくなり勉強や仕事への意欲などを失ってしまうことをいいます。五月病とは、医学用語ではなく、決まった概念や定義があるわけではありません。



さまざまなストレスの積み重ねによる心と体の疲れが主な原因です。新入生、新社会人にとっては何よりもストレスとなるのは新しい人間関係です。入学、入社したばかりの4月には、オリエンテーションや新入生、新社会人歓迎行事などがあり、夢中で過ごしますが、五月になると色々なストレスが重なり、心も体もくたびれてしまいます。また、入学、入社するまでに新しい学生生活、社会人へのあこがれがどんどん膨らんでしまい、いざその現実に接した時、想像していたものとのギャップに一人膨らませていた期待が急激にしぼみ、失望し、やる気をなくしていきます。これが五月病の始まりです。


気持ちが落ち込んで何もやりたくなくなり、興味の持てない授業や仕事をさぼりがちになったりします。身体的には風邪が治りにくくなったり、腹痛、下痢が長く続くなどの症状が現れます。重度になるとうつ病の症状と見分けがつかなくなります。憂うつ、億劫、イライラという精神的症状や睡眠障害、食欲不振、頭痛、そしてめまい、便秘のような身体症状も現れます。



五月病の原因は簡単にいうと過重なストレスと自分自身を見失うことで現れます。その為に、まず自分なりにストレスの解消法を見つけることです。簡単なところからいいますと人と会話をすることだけでも良いです。話すことにより、苦痛、悲しみ、怒りなどの蓄積した感情を発散できるということです。しかし、会話の相手が誰でもよいというわけではありません。やはり、日頃から良い温かい人間関係を作り、頼られて相談できる人を持つことが大切です。それからどんな小さなことでもよいので目的を持って考え、行動することが大切です。そうすることにより自主的に思考し行動ができるようになり、自分自身を見失わないようになるからです。


ダンボ
前へ
次へ

前へ

医療法人 敬節会 西中島クリニック
〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-2-11
TEL:06(6301)5706 / FAX:06(6304)0117
info@nishinakajimaclinic.com
当サイトへのリンクまたは技術的なことに関するお問い合わせはこちらまでwebmaster@nishinakajimaclinic.com
Copyright Medical Corporation Keisetsukai Nishinakajima Clinic. All Rights Reserved